夜勤で働く看護師
看護師単発バイト・派遣の求人 > 看護師夜勤バイト > Wワーク 夜勤専従看護師求人

Wワーク 夜勤専従看護師求人


Wワーク 夜勤専従看護師求人

夜勤専従看護師求人の中にはダブルワークOKの求人も少なくありません。
月に1回~、2回~など少ない夜勤回数でも働くことが出来る病院や介護施設、有床クリニックなどを職場として探すことが出来ます。

夜勤専従で働く場合には、生活リズムを合わせやすいこともあり、また1回の夜勤で3万5千円、4万円と高額給与を稼ぐことができるため日数が少なくても十分な収入ということも魅力です。

看護師さんの中にはダブルワークで夜勤を希望されている方も多いと思います。
月に1回~、2回~など少ない夜勤回数でもOKの夜勤専従看護師求人についての情報を得やすい求人サイトなどについて、ご紹介しています。

月1回から勤務応相談、Wワーク歓迎の夜勤専従看護師求人

月1回、2回など少ない夜勤回数から応相談、Wワーク希望の看護師さん歓迎します、といった事で掲載されている夜勤専従看護師求人をお探しになっている方もいらっしゃると思います。

1回の夜勤で3万円以上、4万円以上といったような高額な給与が得られる夜勤専従看護師としての仕事。

「もう少し給与アップしたい」

「あと少し、お小遣いを増やしたい」

「シフト変更で夜勤が減ってしまったので、その分働きたい」

といった場合には、月に1,2回の夜勤バイトを掛け持ちして探したい、といった看護師さんも多いのではと思います。

実際に月1回~勤務OK、Wワーク歓迎の夜勤専従看護師求人を探してみると、意外とあるんですよね。

もちろん勤務可能な日数が増えれば、さらに探しやすくなります。
週1日・月4回~勤務出来るのであればかなり求人先が増えます。

既に夜勤専従で働いているけれども、もう少しシフトを増やしても大丈夫そう。

と言うことで夜勤バイトを掛け持ちして働くために、2つ目の病院などをお探しになっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

Wワーク、掛け持ちで夜勤バイトを探す場合、寝当直の夜勤だと体力的にも楽ですからもし見つかれば応募したい、とお考えになっている看護師さんは多いのではないでしょうか。

ほぼ寝当直の夜勤でも良いので、探してみたいという方も、これからご紹介する看護師紹介会社などに相談される事をオススメいたします。

夜勤専従看護師求人にも強い看護師紹介会社

打ち合わせをする看護師
夜勤専従看護師求人をお探しになる場合、

看護師夜勤専従求人 仮眠あり

でもご紹介させていただいていますが、

・医療ワーカー
・看護のお仕事
・マイナビ看護師

といった看護師紹介会社は求人数(非公開求人も含めて)が非常に多く、高給与・好条件の看護師求人が探しやすいのでオススメをしています。

仮眠が取りやすいことも重要なポイントと思いますので、そうした事も希望条件として挙げられると良いのではないでしょうか。

もちろん夜勤で働く以上は「高収入・高給与」を期待されていると思いますので、給与に関しても希望条件、希望の日給などがあれば看護師紹介会社に最初にお伝えになる事をオススメいたします。

看護師夜勤バイト 関連記事

医療ワーカー 看護師夜勤バイトに強い!

ダブルワークOKの看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人に強い看護師転職サイトの一つが医療ワーカーです。
勤務回数・曜日、応相談など。1夜勤4万円など高額給与の看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人についての情報を多く得ることが出来ます。

夜勤専従看護師求人探しのポイント

希望条件にあった看護師転職
夜勤専従看護師として働く際、看護師さん一人ひとりで気になるポイント、重視する福利厚生などは違うと思いますが、例えば、

仮眠や託児所

に関しては、職場によって大きく変わりますから、事前にしっかりとしたチェック・確認は必要と言えます。

小さなお子さんがいての時々の夜勤バイト、であれば院内託児所・保育所完備で夜間の託児が可能だと働きやすいですよね。

逆にこうした院内託児所・保育所が無ければ働けない、というママ看護師の方も多いと思います。

クリニックや個人経営の病院では院内託児所・保育所が無い場合が多いですから、いくら好条件でも応募は難しい。

そうした情報はいくら紹介されても困る、というのであれば最初の希望条件でしっかりと「院内託児所・保育所完備」の病院を探したいと言うことは伝えた方が良いですよね。

病院によっては朝食、夜食の支給がある場合も。

こうした細かい条件も見比べる事で、手元に残るお金も変わってきますから、福利厚生、詳細はしっかりと確認される事をオススメいたします。

職場の人間関係も大切ですよね。

少しでも働きやすい職場を見つけるためにこそ、職場の内部情報に詳しい看護師紹介会社が役立ちます。

夜勤専従看護師求人に強い看護師紹介会社に関して、上記にご紹介させていただいていますので、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

看護師ダブルワーク バレないためのポイント

看護師ダブルワーク、注意点

副業は法律的に禁止されるものではありませんが、病院の規約として本業への影響の恐れから禁止をしている場合もあります。
(公務員看護師の方は副業は禁止となります)

ダブルワークがバレた際の病院側とのトラブルを避けるためにも、就業規則で副業禁止とされている場合にはやはり副業は避けた方が良いでしょう。
(正職員のみ規約がある場合が多数です)

とはいえ、こっそり副業される看護師さんも実際にはいるでしょうから、バレないためのポイントを抑えてダブルワークをする必要はあります。

本業の職場から遠いダブルワーク先でバイトする

ダブルワークでアルバイトをする場合、夜勤であっても本業からは遠い病院などを選ばれた方がバレにくいといえます。

本業の職場が近い場合には、通勤途中の同僚にいつの間にか姿を見られ怪しまれる・・・といった可能性はあります。

職員の家族がダブルワーク先の病院に通院したり、といった可能性もあるでしょう。
色々な可能性を考慮して、近場でのアルバイトは避けた方が安心といえます。

本業の職場、ダブルワーク先で話しすぎない

ダブルワーク、それも夜勤バイトをすると月に5万円~10万円など収入アップする看護師さんも多いと思います。

月に自由になるお金が5万円~10万円など増えると、とても色々なことにお小遣いを使えるようになります。

つい、買ったものを話す。
旅行に行くことを話す、といったことをしたくなりますが、我慢が必要です。

お金の遣い方が急に大きくなったのでは・・・といったような噂は、避けたいものですね。

ダブルワーク先でも本業に関する話なども避けることが大切です。

確定申告で住民税の支払を普通徴収にする

本業の職場では給与から住民税が天引きされているはずです。

ダブルワークをすると当然、収入が増えます。

収入が増えると、そのままの場合にはメインの勤務先に住民税の通知がいき合算して天引きされることになり、経理や総務の担当者が「住民税が多すぎる」ことに気付いて、ダブルワークがバレるといった可能性があります。

住民税からダブルワークがバレることを防ぐには、確定申告を自分で行い、その際に「普通徴収(自分で納付)」を選択することが必要です。

完全にバレないわけではありませんが、ダブルワークがバレる可能性を下げることが出来ます。

無理ない範囲での看護師ダブルワークを

ここまで見てきましたが、看護師のダブルワークがバレないためには上記のような点に気をつける必要はあるでしょう。

高給与で働ける夜勤ですから、回数を増やせば3万、4万と収入が増えます。

しかし、それによって本業に支障がでるような疲労が溜まってしまったりするのは避ける必要はありますので、ダブルワークの前提として注意が必要となります。

高給与を稼ぐことが出来るダブルワークですが、上記のような点に注意をされてお仕事をされることをオススメいたします。

また、ダブルワーク先は先ほどもありましたが、

医療ワーカー

などの看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人について情報量が多く、求人に強い看護師紹介会社を利用される方法がオススメとなります。


看護師派遣会社おすすめランキングはこちら

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓